• HOME
  • ファシリテーターの紹介

ファシリテーターの紹介

百武 正嗣

(ももたけまさつぐ)

Momotake Masatsugu

カリフォルニア州立大学大学院心理学部卒。

ゲシュタルト、フェルデンクライス・メソッド、ヨーガ、心理学を取り入れた「気づきのセミナー」を全国各地で開催。

またリラクゼーションの指導にもあたっている。

フェルデンクライス国際ライセンス取得。

著書

  • 『ライオンのひなたぼっこ』 ビーイングサポートマナー
  • 『エンプティ・チェアテクニック入門』 川島書店
  • 『気づきのセラピー―はじめてのゲシュタルト療法 』 春秋社
  • 『家族連鎖のセラピー 〜ゲシュタルト療法からの視点〜 』 春秋社

ファシリテーターからのメッセージ

人は進化の過程で様々な能力を発展させてきました。

人は感情を獲得したことで記憶力が飛躍的に伸びたのです。

その感情は、喜び、悲しい、怒り、不安などのセンセーション(感覚)として身体が察知することが出来るのです。

この「感情と身体と脳」の三つの機能が統合した時に生まれるのが気づきであり、洞察であるのです。そして人だけが気づいていることを知ることができる存在なのです。

▲pagetop